2021/3/14 : Flutter : Navigate with named routesの訳

Navigate with named routes

 

前回のレシピでは、新しいルートを作成してNavigatorにプッシュすることで、新しい画面に移動する方法を学習しました

ただし、アプリの多くの部分で同じ画面に移動する必要がある場合、このアプローチではコードが重複する可能性があります。

解決策は、名前付きルートを定義し、ナビゲーションに名前付きルートを使用することです。

名前付きルートを操作するには、Navigator.pushNamed()メソッドを使用します。

この例では、元のレシピの機能を複製し、次の手順を使用して名前付きルートを使用する方法を示します。

  1. 2つの画面を作成します。
  2. ルートを定義します。
  3. Navigator.pushNamed()を使用してSecondScreenに移動します。
  4. Navigator.pop()を使用してFirstScreenに戻ります。

1. Create two screens

まず、操作する2つの画面を作成します。

最初の画面(FirstScreen)には、2番目の画面に移動するボタンが含まれています。

2番目の画面(ScondScreen)には、最初の画面に戻るためのボタンが含まれています。

class FirstScreen extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext