2018/8/27 Arrayまとめ javascript

old_arrayの一番最後にvalue1,value2,・・・を配列要素として結合させた新しい配列を返す。(old_array自体はそのまま。)

var myArray = new Array(‘1’, ‘2’, ‘3’);
newArray = myArray.concat(‘a’, ‘b’, ‘c’);

console.log(myArray);  //[“1”, “2”, “3”] console.log(newArray);     //[“1”, “2”, “3”, “a”, “b”, “c”]


配列arrの各要素を繋げた文字列を返す。separator(区切り記号)を指定すればその記号で繋げる。実行しても配列arrはそのまま


配列arrayの末尾にelement1, …, elementNをarrayの要素として追加する。

配列arrayが要素追加後の配列に変化する

返り値は要素追加後の配列の要素数。

var myArray …