2021/3/16 : Flutter : Make authenticated requestsについて

 

null safety article

Make authenticated requests

ほとんどのWebサービスからデータをフェッチするには、認証を提供する必要があります。これを行うには多くの方法がありますが、おそらく最も一般的な方法はAuthorizationHTTPヘッダーを使用します。


Add authorization headers

このhttpパッケージは、リクエストにヘッダーを追加するための便利な方法を提供します。

または、dart:ioライブラリのHttpHeaders クラスを使用する方法もあります。

Future<http.Response> fetchAlbum() {
  return http.get(
    'https://jsonplaceholder.typicode.com/albums/1',
    // Send authorization headers to 

2020/10/28 Fetch data from the internetの訳

 

null safety article

Fetch data from the internet

ほとんどのアプリでは、インターネットからデータを取得する必要があります。幸いなことに、DartとFlutterは、このタイプの作業用のパッケージとしてhttpパッケージなどのツールを提供しています 。

このレシピでは、次の手順を使用します。

  1. httpパッケージを追加します。
  2. httpパッケージを使用してネットワークリクエストを行います。
  3. レスポンス(応答)をカスタムDartオブジェクトに変換します。
  4. Flutterでデータを取得して表示します。

1. Add the http package

このhttpパッケージは、インターネットからデータをフェッチする最も簡単な方法を提供します。

httpパッケージをインストールするには、pubspec.yamlファイルの依存関係セクションにパッケージを追加します。httpパッケージの最新バージョンは pub.devにあります。

dependencies:
  http: <latest_version>