2020/10/18 Flutter : Flexible widgetの訳

これまで見てきたとおり、mainAxisAlignmentプロパティとcrossAxisAlignmentプロパティは、RowとColumnが両方の軸に沿ってウィジェットを配置する方法を決定します。

RowとColumnは最初に大きさが固定されているウィジェットを配置します。Fixed size widgetsは配置された後に自身のサイズを再設定できないので、inflexibleと見なされます。

Flexibleウィジェットでラップしたウィジェットは、サイズを再設定できるようになります。Flexibleウィジェットがあるウィジェットをラップすると、そのウィジェットはFlexibleウィジェットの子ウィジェットとなり、flexibleと見なされます。inflexibleウィジェットが配置された後、その(Flexibleウィジェットでラップされた)ウィジェットは、flexプロパティとfitプロパティにしたがってサイズを再設定されます。


flexプロパティ

各Flexibleウィジェットが受け取る残りの合計スペースの割合を決定する前に、他の(Flexibleウィジェットの)flexプロパティと比較します。


fitプロパティ

フレキシブルウィジェットがその余分なスペースをすべて埋めるかどうかを決定します。

 

 


Laying out widgets in rows and columns is straightfoward, if those widgets have a fixed size.

ウィジェットのサイズが固定されている場合、ウィジェットを行と列に配置するのは簡単です。

 

But what if you want a size that’s relative to their …