2021/2/15 Learn (null-safety) with Snippets! 1〜7の訳

Snippet 1: Introducing non-nullable types

DartPadのヌルセーフティバージョンへようこそ!
これは、nullの安全性のための新しい構文とコーディングパターンを説明するために設計された一連のコード例の最初のものです。
各スニペットは、不良または壊れた状態で始まります。
Dartアナライザーからの警告が表示され、コードがコンパイルされない可能性があります。
しかし、指示に従い、コードを編集することで、
各スニペットを動作状態に更新できます。
その過程で、nullの安全性について学びます!

この最初の例は、基本的なものです。
以下の変数 `a`は` int`として宣言されています。
Dartプロジェクトでnullセーフティが有効になっている場合、デフォルトではすべての型がnon-nullable型です。
割り当ての値を3または145に変更してみてください。
null以外のもの!

void main() {
  int a;
  a = 24;
  print('a is $a.'); //24
}


Snippet 2:Nullable types

null値を保持できる変数が必要な場合はどうなりますか?
タイプの最後に疑問符を追加することで、null許容(null可型、nullable型)として宣言できます。
この場合、 `int?`を試してください。

void