2019/12/15 Swift クロージャー パート4(オートクロージャー属性)

まずはじめに、Bool型の引数を二つ受け取って、その論理和を返す関数logical_sum()を作ります。(sumple1)

sumple1

func logical_sum(_ lhs:Bool,_ rhs:Bool)->Bool{
    if lhs{
        print("結果は true です")
        return true
    }else{
        print("結果は \(rhs) です")
        return rhs
    }
}
logical_sum(true,true)  //結果は true です
logical_sum(true,false)  //結果は true です
logical_sum(false,true)  //結果は true です
logical_sum(false,false)  //結果は false です

sumple1ではlogical_sum関数は二つのBool値を受け取る関数です。このlogical_sum関数の二つの引数にそれぞれ別の関数out_lhs,out_rhs関数の戻り値を渡すようにしてみます。(sumple2)

sumple2

func