2019/12/19 Dart 関数(Functions)パート1

Dartは真のオブジェクト指向言語ですので、関数もオブジェクトであり、関数型(Function type)が用意されています。これは、関数を変数に代入することができ、関数を別の関数の引数として渡すことができる、ということです。Dartクラスのインスタンスを関数のように呼び出すこともできます。

sample1-1(関数定義の例)

  var _nobleGases = {
  2: 'helium',
  10: 'neon',
  18: 'argon',
};
  
  bool someFunc(int para1){
    return _nobleGases[para1] != null;
  }
  
  print(someFunc(2));  //true
  print(someFunc(1));  //false
  print(someFunc(10));  //true
  print(someFunc(3));  //false

sample1-1ではsomeFuncという関数名の関数を定義しています。型注釈として戻り値の型をbool型、引数の型をInt型と指定しています。

引数で指定したkeyに値が存在する場合はtrueを、値がない場合はfalseを返す関数です。

sample1-2

  var _nobleGases = {
  2: 'helium',
  10: