2018/8/27 Arrayまとめ javascript

concat関数(基本)
var new_array = old_array.concat(value1[, value2[, …[, valueN]]])

old_arrayの一番最後にvalue1,value2,・・・を配列要素として結合させた新しい配列を返す。(old_array自体はそのまま。)

var myArray = new Array(‘1’, ‘2’, ‘3’);
newArray = myArray.concat(‘a’, ‘b’, ‘c’);

console.log(myArray);  //[“1”, “2”, “3”] console.log(newArray);     //[“1”, “2”, “3”, “a”, “b”, “c”]


配列arrの各要素を繋げた文字列を返す。separator(区切り記号)を指定すればその記号で繋げる。実行しても配列arrはそのまま


配列arrayの末尾にelement1, …, elementNをarrayの要素として追加する。

配列arrayが要素追加後の配列に変化する

返り値は要素追加後の配列の要素数。

var myArray = new Array(‘1’, ‘2’);
let n=myArray.push(‘3’); // myArray は [“1”, “2”, “3”] になる

console.log(myArray);  //[“1”, “2”, “3”] console.log(n);             //  3 (要素数)


pop関数(基本)
arr.pop()

配列arrの最後の要素を取り除く。配列arrが変化する

返り値は取り除いた要素。

var myFish = ['angel', 'clown', 'mandarin', 'sturgeon'];
var popped = myFish.pop();

console.log(myFish); // ['angel', 'clown', 'mandarin' ] 

console.log(popped); // 'sturgeon'

shift関数(基本)
arr.shift()

arrの最初の要素を取り除く。arrが変化する

返り値は取り除いた要素。


unshift関数(基本)
arr.unshift(新要素1, 新要素2,・・・新要素N);

配列arrの先頭に新要素1~新要素Nを追加する。配列arrが追加後の新配列に変化する

返り値は新配列の要素数。

var myArray = new Array('1', '2', '3');
let n=myArray.unshift('4', '5'); 
console.log(n);   // 5 (要素数)
// myArray は ["4", "5", "1", "2", "3"] となる

slice関数(基本)
arr.slice([begin[, end]])

beginとendは添字(インデックス)(数値)。インデックスがbegin~end-1の要素による新配列を返り値として返す。元の配列arrはそのまま

var fruits = ['Banana', 'Orange', 'Lemon', 'Apple', 'Mango'];
var citrus = fruits.slice(1, 3);

// fruits contains ['Banana', 'Orange', 'Lemon', 'Apple', 'Mango']
// citrus contains ['Orange','Lemon']

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。